ガイド|秩父で遊ぼう!

OR AND (半角スペースのみ、ひらがな名称対応)
指定検索   人気ランキング

【藤袴】金嶽山 法善寺 | ほうぜんじ
秩父郡長瀞町井戸476
所在地を表示  駐車場を表示
電話:0494-66-0235
臨済宗妙心寺派

金嶽山(かねたけさん)法善寺。武州鉢形領男衾(おぶすま)群甘粕村泉福寺の末寺。本尊は阿弥陀如来、廃寺となった金龍山妙音寺の本尊だった十一面観世音も安置する。臨済宗の寺である。
開基は、初代天神山城主藤田右衛門佐康邦で、文明八年(1476)の創立である。康邦は同時に寄居町の正龍寺も開基した。藤田氏の所領は、秩父郡白鳥郷と藤田十六郷で、後に北条氏康の三男の氏邦を養子に迎え、自らは花園城に引退し、弘治元年(一五五五)九月一三日死亡したが、位牌は前記開基の両寺に安置されている。
寺宝の和銅(重さ16キロの自然銅)は、裏山の金ヶ嶽より落下したものといわれ、山麓の「銅の入」には現在でも自然銅が落下するという。
また、この地は和銅の遺跡として知られ、採銅坑が今でも数坑残存している。
昭和五十七年三月 長瀞町

法善寺のしだれ桜(4月上旬〜中旬)
樹齢100年余、枝張り東西16m南北12m。笠鉾のように咲き満ちるさまはまことに見事である。また大門の地蔵様に垂れかかる桜は格別な風情がある。

【藤袴】秋の七草(8月中旬〜9月下旬)
藤袴は幻の花とまでいわれている
花の色が藤(ふじ)の色で、花弁の形が袴(はかま)のようであることからこの名前がつきました。境内中に芳香が漂わせ、淡紅紫色の小さい花を咲かせます。花言葉は「他人の恋の相談役」
QRコードやメールで共有 : 法善寺
関連ページ(ガイド)
ツイート検索YouTube検索




秩父で遊ぼう!
当サイトについて
秩父で遊ぼう!    ガイドマップ    マイブログ
天気予報天気予報

レジャーで満喫レジャーで満喫

宿でくつろぐ宿でくつろぐ

お取り寄せお取り寄せ
いいね!Facebookページ

Database Factory